出会い系サイトの使い方

出会い系サイトの年齢確認は安全なのか?5年経った今どうなったのか教えます

更新日:

私は出会い系サイトを利用して5年になります。

主に利用しているサイトは以下の3サイトです。

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール

サブとしてYYCやイククルなどのサイトも利用しています。

はじめて出会い系サイトを利用しようと思ったときに躊躇(ちゅうちょ)したことが2つありました。

まず登録時の電話番号登録、次に登録後の年齢確認です。

電話番号登録が二重登録を防ぐ為だというのはまあ理解できたんですが、

年齢確認については「本当に大丈夫なの?」という疑問を持ちました。

なぜかと言うと、年齢の確認には身分証明証のコピーを送信したり、クレジットカードを使う必要があったからです。

そこで当時、自分なりに色々調べて納得してから年齢確認の作業を行いました。

この記事では、

  • 出会い系サイトで年齢確認をする理由はなにか?
  • 個人情報は悪用・流出する危険はないのか?

そして、

  • 出会い系サイト登録5年後、具体的な被害はあったのか?

以上の事柄を私の経験を踏まえてまとめていますので参考にしていただければ幸いです。

そもそも年齢確認する根本的な理由はなんなのか調べた

 

PCMAXの公式サイトでは、年齢確認をする理由として以下のような記載があります。

2009年2月にインターネット関連法が改正されたためです。目的は18歳未満の児童の利用防止と健全育成です。業界の健全な発展のためにも児童の利用や被害者を出さないた運営をお願いされています。

(インターネット異性紹介事業説明会より)

これを読むと、年齢確認が必要な理由は児童を守るためということみたいです。しかしこれだけだと、結論だけで経緯が分からないので、自分で色々調べました。

すると、初期の出会い系サイトでは、18歳未満の女子高生や中学生、果ては小学生まで!が出会い系を通じて援助交際をして自分を売るなんていうことが平然と行われていたみたいです。

まあ買う方も悪いと思うんですけどね。

昔の出会い系サイトは、簡単なプロフィール入力だけで利用できたので、そんなことが可能だったんですね。

やがて、出会い系サイトを通じて18歳未満の児童が被害を受ける事件が多発し、

元々あった「出会い系サイト規制法」を改正して、新たに年齢制限を設けたと……。

こういった経緯で、出会い系サイトでの年齢確認が義務化されたようです。

個人情報を登録させて悪用するためのものではなさそうです。

年齢確認は優良サイトである条件で、逆にしてないサイトは問答無用で悪質なサイトということですね。

 

個人情報が流出する危険はないのか?

年齢確認が法的な義務で、個人情報を悪用するためのものではないことは分かりましたが、

個人情報をしっかり管理できるのか?また、流出する危険はないのか?が心配でした。

年齢確認の方法は身分証明証またはクレジットカードで行うことができます。

身分証明証での年齢確認

 

身分証明証は公的な機関から発行されているものを使います。

代表的なものは免許証や保険証です。他にも以下のものが使えます。

  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 社員証
  • 卒業証書
  • 資格・検定証(宅地建物取引士証、電気工事士免状等)
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 国際運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 介護保険証
  • 住民基本台帳カード

これらの身分証明証で年齢の確認に必要な箇所は3つです。

  • 生年月日
  • 証明証の種類
  • 発行元の名称

これ以外の名前や住所、顔写真は隠します。以下の画像は免許証での例です。

そして、携帯電話のカメラ機能で撮影した画像をメールするか、FAXでコピーしたものを送信することで確認してもらうこととなります。

PCMAXによると、送信した画像は確認後、即時に破棄されるとのことです。

名前や住所、顔写真は隠して良いので、具体的な身元が相手に伝わることはありません。

クレジットカードでの年齢確認

年齢確認はクレジットカードでも行うことができます。

クレジットカードは18歳未満は持つことができないため、年齢確認に使えるというわけです。

クレジットカードでの年齢確認のメリットは、身分証明証での確認のように、写真を撮ったり、色々な部分を隠したりする必要がないことです。

カード情報を入力するだけで終わるので、ずっと早く、手軽に行うことができます。

しかし、ほとんどの出会い系サイトの場合、ポイントを購入をすることを条件としているので100円分のポイント代がかかってしまいます。

身分証明書での確認はタダなので、そこがデメリットですね。

出会い系サイトを継続して利用するつもりならクレジットカードでの確認、あくまでお試しで無料ポイント内で利用したい人は身分証明証での確認といったところでしょうか。

安全性については、クレジットカードの情報は決済代行会社が扱いますので、決済代行会社が安全なのかどうかが問題になります。以下でまとめました。

出会い系サイト 決済代行会社
PCMAX BIG SUN
ハッピーメール EIC
ワクワクメール TELECOM
YYC AXES Payment
イククル TELECOM

私が個人的に調べたところ、上記の決済代行会社から情報漏えいなどの過去はありませんでした。

まとめると以下になります。

  • 身分証明証での確認の場合は、18歳未満ではない確認の後に即時破棄される。住所、氏名、顔写真は隠して良いため身元は伝わらない。
  • クレジットカードの場合は、決済代行会社が間に入って個人情報を取り扱う。私が調べたところ過去に不正はなかった。

身分証明証での確認で必要な部分は、生年月日、証明証の種類、発行元の名称のみで悪用のしようがないこと、

クレジットカードの確認も決済代行会社に過去に不正がないこと

以上のことから個人情報の流出はまずないだろうなという結論に至ったので、年齢確認をすることにしました。

 

出会い系サイト登録5年後、具体的な被害はあったのか?

出会い系サイトでの年齢確認の方法は、身分証明証とクレジットカードの2つがありました。

そして、個人情報の取扱い方法は以下の通りでした。↓

  • 身分証明書での確認の場合→確認後に即時破棄。無料で出来る。
  • クレジットカードでの確認の場合→決済代行会社が取り扱う。ポイント購入代がかかる。

私の場合、継続的に利用するつもりだったので、お金がかかっても良かったことと手っ取り早く終わらせたいという理由から、クレジットカードでの年齢確認の方法を選びました。

そして、5年経った現在ですが、個人情報の流失、悪用は今のところありません。

例えば、架空請求のようなものも一度もありません、

私個人としては、出会い系サイトでの年齢確認は安全だったという結論になりました。

-出会い系サイトの使い方

Copyright© 出会い系サイトの分かった! , 2017 AllRights Reserved.