出会い系コラム

出会い系でネットナンパしてたらTwitterでオフパコできるようになった本当の話

更新日:

Twitterでオフパコしている人を見て、

「俺もやりてー」

と思ってアカウントを作ってみようとしているあなた。

正直言って無謀です。

私もオフパコに憧れてアカウントを作成したことがあります。

恋愛系の本から格言をパクッてツイートしたり、狙いを定めた女の子にイイネやリプを繰り返していました。

しかし、仲良くなってもほとんどの子はDM止まり、1年やって会えたのたったの2人!

うちオフパコできたのは1人です。

私に才能がないだけなのもありますが、オフパコまでの道のりって遠すぎます。

なにより、女の子のご機嫌を取ったりする作業が本当に苦痛でした。

ぶっちゃけ、つまんないんです。

お金はかかりますが、ソープ行った方がマシです。

そんなこんなでTwitterでオフパコを狙うのはやめて、出会い系でネットナンパをすることにしました。

しかし、思いもよらない事が起きました。ある出来事を機にオフパコオファーが頻繁に来るようになったんです

今ではそこそこ有名なツイッタラーになってしまいました。

この記事では、一度Twitterでのオフパコをあきらめた男が、どうやって3000人以上のフォロワーを抱える有名オフパコ師になれたのかを書いています。

オフパコを夢見ている人の参考になれば嬉しいです。

出会い系を始めて一週間後にはもう会えた

話はTwitterでのオフパコをあきらめて、出会い系を利用開始したところから始まります。

出会い系と言ったらサクラとか援交のイメージが強いです。

さすがに大手にはサクラはいませんけど、援交はいます。

だけど、見極めさえしっかりすれば、そういう子には引っかかる事もありませんでした。

インターネットにはその手の攻略法がゴロゴロ転がっているのでそれを参考にすれば大丈夫です。

私はTwitterで会うのに1年かかりましたけど、出会い系では1週間後には会えてました。

すぐ会えたよ風に言ってますけど、はっきり言ってかなり苦労しました(笑)

だけど、Twitterでの1年の修行に比べたら全然楽です。

まあ出会い系を始めて最初の3日間、誰からも相手にされませんでしたけどね。

しかし、1日徹底的にやり方を見直して、その後の3日間でデートするまでに持っていきました。

さすがに1人目からはうまくいきませんでしたけど、2人目3人目になるとホテルに行けるようなって、中には動画撮影を許可してくれる子も現れました。

いわゆるハメ撮りです。

Twitterにハメ撮りを上げたらオフパコ依頼がくるように

たまたまハメ撮りの写メをTwitterにあげたんです。

そしたら、リツイート・拡散されてフォロワーが100人くらい一気に増えました

それから、定期的に出会い系で会った女の子との出来事をツイートしたり、写メや動画を上げるようになりました。

どんどんフォロワーが増えていき、今では3000人以上になりました。

で、思ってもみなかったんですけど、オフパコの依頼がくるようになりました(笑)

半信半疑でしたよ、始めは。

だけど、DMで写メ添付してきて「オフパコに興味あります」とかマジで来ます。

そしてアポを取って実際に待ち合わせてみるといるんです、オフパコ希望の女性が。

本当にエッチもできます。

今まで私がオフパコで会えた人は以下のような女性です。

  • 旦那に相手にされない欲求不満の30代の主婦
  • ×1子持ち(シンママ)
  • ギャル
  • 処女を捨てたい女子大生
  • ただエッチしたいだけの子
  • そこそこ有名なAV女優

一番驚いたのが18歳のJKなんですが、「受験勉強が終わったら私を抱いてください。そのために勉強がんばります」といったものでした。

これ釣りでもなんでもなくて今年の2月に実際に会ってオフパコしました。

こんなエロ漫画ですか?みたいなことが頻繁に起こります。

あと50代以上の女性からも何回か来ています。私のタイプではないのでお断りさせていただいていますが……

ルックスは一定のレベルは越えていますよ。

自分から売り込んでくるわけですから、そこそこ容姿に自信がある人たちなんでしょうね。

出会い系で楽しく遊んでTwitterに上げていただけなのにオフパコも出来るようになって本当にラッキーでした。

現状、月に2~3人新規で会えているので出会い系の方はお休みしています。

オフパコしたいなら出会い系もひとつの手段

私の場合は、出会い系で遊んだ女の子をTwitterにあげていたらオフパコまで出来るようになりました。

でも、手段はなんでも良いと思うんです。Twitterでオフパコしている人のアカウントを見るとよくわかります。

  1. セックス指南系のツイートしてオフパコ依頼を待つ
  2. ひたすら女の子に絡んで行って仲良くなってオフパコする
  3. もてないキャラをアピールして抱かせてもらう

色んなやり方がありますよね。ただ、私は動画とか写メをアップするのが一番早いかなと思います。女の子の食いつきが段違いですし。

絶対にやってはダメな方法とおすすめしない方法

ここまで読んでいて、ずる賢い方法を思い付いた人もいるでしょう。

例えば、動画や写メをパクる行為

これは絶対にバレます。色んな人から情報が回ってきます。

次に風俗で撮影協力してもらってTwitterに上げる行為

ソープもデリヘルも撮影NGです。仮にOKでもSNSにアップするまで許可する人がいるとは思えません。

勝手に上げるのは犯罪です

※私はすべて了解を経てモザイクをかけています。

ストリートナンパ

これは一見よさそうです。

ストナンでゲットした子との即画(エッチした画像)をアップする。ズルではなく正攻法です。

しかし、あまりおすすめは出来ません。

私も少しかじっていますが、メンタルの強さが必要になります。

これでもかというくらい無視されます。

街に何時間も立って収穫なしなんて日もざらです。

精神も一緒に鍛えたいのなら別ですけど、単純にセックスしたいだけなら出会い系の方がずっと楽です。

一瞬で有名オフパコ師になった人のやり方

実はTwitterで5000人以上のフォロワーがいる知り合いがいますが、私より後発です

この人も、出会い系でSEXした子とのハメ撮り動画を上げて人気者になりました。

ただ、私と違うのは彼は割り切り女性と出会っていることです。

割り切りというのは、お金を渡して性交渉をします。

だから会おうと思えばその日に会えます。

私は一般の女性しか相手にしたくないので、地道に口説いて月に3人程度でしたけど、彼の場合は10人以上です。

割り切りにも業者を通している場合と、素人がおこづかい目的でしている場合があります。

彼いわく、業者は手抜きが酷くてブスばっかりでなので素人狙いらしいです。

割り切り女性と出会ってハメ撮りをTwitterにあげる。

私は、この方法が人気アカウントになるには一番早いと思います。

欠点はお金がかかりすぎること

しかし、以下のような欠点があります。

  1. お金が相当掛かること
  2. 割り切りは逮捕はされないけど違法

まず、月10人以上相手にしているわけですから、相当お金が掛かりますよね。

なんでも30万以上とか……。

よほどのお金持ちなら別ですけど、一般のサラリーマンには到底無理ですよね。

さらにハメ撮り許可もSNSにアップする許可も得られなかったら破産します。

そしてもうひとつ。割り切りは逮捕はされないものの違法であることです。

現状、出会い系の半数は割り切りユーザーだと言っていいと思います。

しかし、法的にはまずいですし、サイト側でも割り切りでの出会いはもちろん認めていません。

おすすめは出来ません。

地道にオフパコを目指すのが一番

「オフパコしたいんじゃー」とガムシャラになるのは結構なことです。

それで目標に届くなら尚更。

でも、一生懸命やって失敗するとそこそこへこみます

自分が1年頑張って失敗してるのでよくわかります。

私は運良く、出会い系で適当に遊んでいたらオフパコできるようになりました。

もしあなたが本当にオフパコしたいと考えているのなら、一度、私の方法を試してみてもいいかもしれません。

私が利用しているサイト

PCMAX公式⇒http://pcmax.jp/

(18歳未満の方は利用できません)

-出会い系コラム

Copyright© 出会い系サイトの分かった! , 2017 AllRights Reserved.